CORE CONTROL高速熱交換システム

アメリカアスリート界の秘密兵器、日本上陸。

  • アメリカ・スタンフォード大学で約10年の月日をかけ、開発・特許がとられた、体内深部クーリングシステム。激しい運動や活動により上昇した深部体温を効率 よく適温に戻すことを目的としています。システム一式が持ち運びできるので、実際の現場ですぐにクールダウンが可能です。アメリカを中心に世界各国でトップアスリートや有名チーム多数愛用しています。
    ※CoreControlは医療機器ではありません。
  • CoreControl™は、激しい活動で上昇した健康な人の深部体温を、非侵襲的に下げることを目的としています。 米国スタンフォ ド大学開発特許技術 CoreControl™は、 深部体温を高速に下げます。 これにより気分がより爽やかになり、 精神的・身体活動を行う能力や回復力が向上します。

原理と開発者

CoreControlは、 米国スタンフォード大学 Prof. Craig Heller、 Prof.Dennis Grahn らにより約10年の研究を経て開発されました。 CoreControlは、手の平を適度に吸引・冷却する事で、運動や過酷な労働によって上昇した体内深部の温度を急速・効率的に元の体温に戻します。手の平には放熱・冷却のための特殊な血管があり、適度な吸引によりその血管が広がり、 血流を促進します。 同時に適温で冷却することで、 手の平で冷やされた血液が素早く身体の深部を巡り、体内幹部を冷却します。体内幹部温度を元に戻すことで早期に疲労を回復させ、 更にはパフォーマンスを向上させます。

コアコントロールシステムQ&A集

コアコントロールは、簡単に言うとどんな商品ですか?
コアコントロールは、急速に身体の深部の体温を下げることを目的とした装置です。一定の温度の範囲にコントロールされた、冷たい水の流れる装置の中に手を入れて、装置内を陰圧しながら手を冷やします。そうすることで身体の深部の体温を下げることができます。
なぜ、体温を下げる必要があるのですか?
人の体温は通常37℃近辺で、恒常性という機能によって常に一定に保たれています。 人の体温はこれより下がりすぎても、また上がりすぎても身体に悪影響を与えます。
真夏の炎天下で運動をすると、周りの熱と運動によって体温が上がりますが、身体は上がった熱を下げようと、汗を出すことにより体温を下げようとします。 しかし周りの環境の温度や湿度が高すぎたり、運動が激しい時には、身体は自身の温度調節がうまくできなくなり、日射病や熱中症を引き起こし、身体が機能しなくなります。このようなことを防ぐために、体温を下げる必要があります。
体温を下げるには、冷たい水を飲んだり、日陰やエアコンの効いた場所に行く方が良いのではないですか?
一般的にはそのような方法が良いとされています。水分補給や涼しい場所での休息によって、上がりすぎた体温は時間の経過とともに徐々に、通常の状態に戻ります。
これに対してコアコントロールは、短時間での体内深部温度の急速な冷却を目的としています。
コアコントロールと、スポーツ現場で使うアイシングとはどう違うのですか?
通常アイシングは、運動中のケガ(捻挫、骨折、打撲等)に対し、ケガをした部分を外側から冷やし、ケガによる炎症を抑えることを目的として行います。
これに対してコアコントロールは、身体の内側から身体全体の熱を身体の内側から下げることを目的としています。つまりアイシングは局所的な冷却であり、コアコントロールは全身の冷却なのです。
コアコントロールは、医療機器ではないのですか?
コアコントロールは医療機器ではありません。またこれを使うことによって身体に悪影響を与えることもなく、悪影響についての報告もされていません。
コアコントロールは、どんな人が使っているのですか?
米国では主に、次のような方が使っています。
●砂漠地帯における軍人の熱中症予防。
https://www.youtube.com/watch?v=xeH07QeAwKo
●職員の消防現場における熱中症予防。
https://www.youtube.com/watch?v=bE4PRHxwjIE
●スポーツ選手のコンディショニングなど
https://www.youtube.com/watch?v=OH3uGnhCusY
https://www.youtube.com/watch?v=ozcLHs_ac7U
日本では、一昨年から本格的な営業展開を始めており、陸上長距離、野球、ラグビー、アメリカンフットボールなど、さまざまなスポーツ分野で使われ始めました。 リオ・オリンピックにおいても、コアコントロールの活用が期待されています。
スポーツ選手のコンディショニングとして、どのように利用することができますか?
環境要因からくる熱や、自身の身体から運動によって生み出される熱による身体へのダメージを極力減らすことを目的として、普段の練習や試合での直前、直後それぞれ約10分間、コアコントロールを実施します。
コアコントロールを使うことによってスポーツパフォーマンスは向上しますか?
直接的には、関連がありません。ただし、普段の練習からコアコントロールを使うことによって、運動中の熱による影響を減らし、より集中した質の高いトレーニングを行うことが期待できます。 さらに、運動後にコアコントロールを使うことによって、身体全体の熱による炎症が抑えられ、練習の疲れを積極的に取ることにつながり、翌日の練習をより集中して行うことができるようになります。
運動前にコアコントロールを使うと、筋肉が冷えてせっかく実施したウォーミングアップの効果がなくなりませんか?
コアコントロールをウォーミングアップの後に使っても、筋肉は冷えません。コアコントロールは身体の深部体温を下げるので、表層に近い筋肉には影響されません。
コアコントロールを使うことによって、生理学的な観点から効果、効能は証明されていますか?
米国では、コアコントロールを開発したスタンフォード大学において、さまざまな研究成果が論文として発表されています。
http://www.corecontrol.jp/学術情報/
また、日本においても運動生理学の分野において、さまざまな大学の研究者が研究に取り組んでおり、間もなく当社WEBにおいてもご紹介できると思います。

コアコントロールシステムの利用方法例

コアコントロールは、体内深部温度を急速に冷却することを目的とした装置です。この機能を用いて、次のような使い方ができます。

スポーツ分野での使い方

利用方法−1:運動中の上昇体温を抑えることを目的とした使い方
競技内容が比較的長時間になるような、陸上長距離、サッカー、ラグビー、野球(特に投手)などの競技において、競技中の過度な体温上昇を抑えることは、身体への負担を少なくし、ベストパフォーマンスを発揮する時間を長くします。
競技開始前に10分間、コアコントロールを使用し、体内深部温度を下げることが勝利への鍵となります。
利用方法−2:試合の合間の休憩時間に、身体の熱を効果的に取ることを目的とした使い方
テニス、バレーボール、バスケットボール、バドミントン、柔道などは、瞬発的な動きが多く、運動中の心拍数の上昇に連れ、体温も上がります。特に体育館などで行われる競技では、冷房があまり効かず、風もないため、体温を下げるための発汗作用も効果が薄くなります。このような競技においては、セット間や次の相手との競技までの待ち時間の間に、コアコントロールを利用することをお勧めします。コアコントロールは、バッテリー式なので、氷と水さえあればどこでも使えるため、場所を選びません。また5分間の短い時間でも発汗抑制の効果が見込めます。休憩中、5〜10分間、コアコントロールを使用してください。
利用方法−3:運動後のクーリングダウンとしての使い方
運動後は、どんな競技においても、体温が上昇しており、その体温が筋肉やその他の組織に悪影響を及ぼします。運動後の身体全体の熱を急速に取り去ることは、早期疲労快復、リラックス効果、筋痙攣の 緩和や集中力を高めることにつながります。競技後、10分間、コアコントロールを使用してください。

その他の分野での使い方

米国
砂漠地帯における軍人の熱中症予防
消防隊員の消防活動中の熱中症予防など
日本
アーティストのコンサート中の熱中症予防
歌舞伎役者の舞台での発汗予防など

コアコントロール関連動画

米CNET TV特集/スタンフォード大学研究室/食道での深部体温測定

CoreControlによるパフォーマンスの向上

ウェイトトレーニングの効率アップ

米軍暑さ対策

Pull Ups パフォーマンス向上

スタンフォード研究室

米News Now アメリカンフットボール

ウェイトリフティング

ウェイトリフティング

消防士・救命救急

作業現場

特徴

  • 体内深部を急速に冷却
  • 回復力を急速に促進
  • パフォーマンスを飛躍的に向上
  • スタンフォード大学開発特許
  • 学術論文多数
  • 米・欧のトップアスリート多数愛用

導入実績

オリンピックチーム
US Men’s Beach Volleyball
US Track and Field
US Men’s Speed Skating
サッカーチーム
US Men’s Beach Volleyball
US Track and Field
US Men’s Speed Skating
MLBアメリカメジャーリーグ所属チーム
Cleveland Indians
Texas Rangers
NBA全米プロバスケットボール協会チーム
Boston Celtics
Golden State Warriors
Philadelphia 76ers
Indiana Pacers
Washington Wizards
Oklahoma City Thunder
New Orleans Pelicans
NFLナショナルフットボールリーグ所属チーム
Detroit Lions
San Francisco 49ers
Seattle Seahawks
St. Louis Rams
Oakland Raiders
NRLナショナルラグビーリーグ所属チーム
Vodafone Warriors-Rugby
Brisbane Lions- Rugby
大学チーム
Florida State University
Louisiana State University
Mississippi State University
The Ohio State University
Old Dominion University
Stanford University
University of Alabama Birmingham
University of Cincinnati
University of Colorado
University of Michigan
University of Georgia
University of Tennessee Chattanooga
University of Toledo
University of Utah
Washington State University
公共機関
United States Armed Forces
Phoenix Fire Dept.
その他
Nike Oregon Project
IMG Sports Academy
Manning Passing Academy
68 Inside Sports

商品に関してのお問い合わせ

お問い合わせ